審判員自主トレスタート、ビデオ判定への対応確認

[ 2014年1月22日 17:59 ]

 日本野球機構(NPB)の審判員の自主トレーニングが22日、神宮球場と甲子園球場で始まり、今季から導入する外野フェンス際のプレーへのビデオ判定の適用と対応について確認した。

 井野修前審判長に代わり、1日付で就任した友寄正人審判長は「走者の位置などの状況によって判断が変わるので、キャンプで球団の意見も聞きながら話し合っていく」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月22日のニュース