中村良二氏が天理コーチに 20日に学生野球資格回復

[ 2014年1月22日 05:45 ]

中村良二氏

 近鉄や阪神で内野手としてプレーした中村良二氏(45)が、2月から母校・天理(奈良)の野球部コーチに就任することが21日、分かった。同氏は昨年施行されたプロ、アマ側双方の研修を受講し、今月20日に学生野球資格回復を認定されたばかりだった。

 高校通算41本塁打を誇る中村氏は天理3年時、86年夏の甲子園で全国制覇。同年ドラフト2位で近鉄に入団、プロでは11年間プレーした。08年8月からは天理大の監督を務め「人とのつながりを大事にすること」をモットーに指導。昨年の全日本大学野球選手権でチームを全国1勝に導いた。

 天理は甲子園に春夏合わせて48度出場し、3度の優勝を誇る名門。現在は橋本武徳監督(69)が指揮を執っているが、今年中に中村氏にバトンタッチされる可能性もあり、母校を率いての甲子園出場の夢は膨らむ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月22日のニュース