中日・浅尾 速球復活を「他の球種で逃げるのはイヤ」

[ 2014年1月21日 05:30 ]

名古屋市内の病院を慰問し、入院中のこどもと交流する(左から)荒木、浅尾、大島

 中日・浅尾が速球復活を誓った。名古屋第一赤十字病院を慰問に訪れた右腕は、10日から18日までのグアム自主トレで徹底的に走り込んだことを明かした上で「他の球種で逃げるのはイヤ。まずはストレートの威力を取り戻したい」と、復活プランに力を込めた。

 右肩の状態もよく、すでに立ち投げの段階まで調整が進んできた。キャンプ初日からのブルペン入りは「焦ってやる必要はないけれど、ゆっくりする気もない。全く問題ないです」と自信をのぞかせていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月21日のニュース