楽天2位内田 マー君の球威に驚き「球に力があった」

[ 2014年1月21日 05:30 ]

ブルペンで捕手を務めた新人の内田(右)とグータッチする田中

 楽天・田中はブルペン投球も行い、変化球も交えて39球を投じた。受けたのは、将来の正捕手候補であるドラフト2位の内田(常総学院)。

 球団トレーナーが田中に依頼したことで「バッテリー」が実現した内田は「軽く投げていても球に力があった」と驚き、「緊張しました。この経験を生かして捕手としてレベルアップしたい」と続けた。

 ドラフト1位左腕の松井裕(桐光学園)は「ウッチー(内田)から(田中の投げるボールについて)いろいろと話を聞きたい」と笑顔で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月21日のニュース