新天地で飛躍誓う青木 成績を「全部上げたい」

[ 2014年1月14日 18:44 ]

自主トレーニングを公開し、打撃練習するロイヤルズ・青木

 米大リーグのロイヤルズに加入した青木宣親外野手が14日、沖縄県浦添市で行っている自主トレーニングを公開し「順調にきている」と手応えを口にした。ランニングや打撃練習など精力的に体を動かした。

 ブルワーズに在籍した2年間で打率2割8分7厘、321安打をマークしたことが評価されて移籍。新天地でも1番打者として期待される青木は「まだまだ物足りない。3割、200安打、全部(の成績を)上げていきたい。違うリーグに行くので楽しみも増える」と飛躍を誓った。

 楽天から新ポスティングシステムでのメジャー入りを目指す田中将大投手の話題になると「(日本にいた)2年前とは違う。対戦してみたい」と語った。

 ワールドシリーズを制したレッドソックスの抑え、上原浩治投手の活躍にも刺激を受けたそうで「そこ(ワールドシリーズの舞台)に立ちたいなと思う。今年はいけるんじゃないかな、と思っている」と意欲を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月14日のニュース