原監督が大学で講義 日本一奪回「2倍、3倍のエネルギーが必要」

[ 2014年1月14日 18:36 ]

 巨人の原監督は14日、客員教授を務める千葉県勝浦市の国際武道大で「スポーツ戦略論」の授業で講義を行い、日本一奪回に向け「ジャイアンツの勢いは昨年で止まった。勢いをつけるには2倍、3倍のエネルギーが必要」と心構えを説いた。

 井端と片岡を獲得して内野は層が厚くなり、投手陣も含めて戦力は充実している。「たくさんの人でチームを引っ張ってくれることが、一番大きな力になる。開幕投手を多くの人が狙っていくチームの方が、監督の立場ではありがたい」と期待を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月14日のニュース