細川「鶴岡じゃ、できんでしょう」開幕スタメンに自信

[ 2014年1月14日 06:36 ]

鶴岡加入にも自信をみせるソフトバンク・細川(後ろはロッテ・岡田)

 日本ハムからFA移籍したソフトバンク・鶴岡との激しい正捕手争いが注目されるなか、細川は冷静に「フォア・ザ・チーム」を強調した。

 昨年の途中から考え方に変化があったことを吐露。「まずはチームが日本一になることが大事。コーチじゃないけど、昨年後半からチームのことしか考えなくなった」とチーム最優先の姿勢を強く抱いているという。そのためにも、鶴岡とは協力関係を築きたい意向で、「ライバルではない。鶴岡とはピッチャー以上に一番コミュニケーションをとらないといけない。2人で投手陣を引っ張っていく」と宣言した。今季の投手陣はFA移籍の中田をはじめ、ウルフ、サファテら新戦力が加わるだけに「教えないといけないこともあるが、鶴岡の感性も学ばないといけない」と前向きだ。

 もちろん、3年間ソフトバンクの正捕手を務めた自負もある。エース摂津との絆は絶大で、過去3年で挙げた46勝のうち細川とのコンビが40勝。「鶴岡じゃ、できんでしょう。(開幕スタメンは)普通にやれば大丈夫でしょう」と貫禄の笑みをみせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月14日のニュース