梶谷 トリプル3へ金本級肉体「中田と比較にならない」

[ 2014年1月14日 05:30 ]

筋力トレーニングで苦悶の表情を浮かべる梶谷

 DeNA・梶谷が広島市内のトレーニングクラブ「アスリート」で自主トレを公開。痩せやすい体質で昨季終了時は体重76キロだったが、「この前は焼き肉を10人前食べた。キャンプでは85キロになると思う」と現在82キロの肉体に手応えを口にした。

 昨年は8月以降だけで15本塁打と打撃開眼。「3番・左翼」に固定される今季は、主軸としての活躍が求められる。10年オフから同ジムで自主トレを行い、昨年1月はスクワットで体重81キロの2.35倍にあたる190キロを挙げた。全盛期の金本知憲(本紙評論家)がマークした体重88キロで2.42倍のスクワット213キロに迫る記録。同ジムの平岡洋二代表は「2.5倍までいく。(同ジムに通う日本ハム・中田とは)全然比較にならない。150人ぐらい見てきたが身体能力は1番かもしれない。トリプルスリー(3割、30本塁打、30盗塁)が期待できる数少ない選手」と太鼓判を押した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月14日のニュース