楽天 ジョーンズは残留「日本に来た時からアメリカには戻らない覚悟」

[ 2014年1月8日 10:35 ]

楽天に残留するジョーンズ

 楽天は8日、昨季の日本一に貢献したアンドリュー・ジョーンズ外野手(36)の残留が決まったと発表した。

 ジョーンズは球団を通じ「楽天、そして仙台に戻ってくることをうれしく思う。連覇を目指して戦う」とコメントした。

 ジョーンズは来日した外国人で史上最多のメジャー通算434本塁打を引っ提げて来日。1年目の昨季、不動の4番として26本塁打、チームトップの94打点で楽天を球団創設9年目で初の日本一に導いた。

 ブレーブス時代は96年から10年連続で地区優勝を経験。「彼らに勝利の哲学のようなものを伝えたい。そのために努力している」という。その経験を楽天ナインに伝え、4番としてだけではなく、精神的支柱としてチームを引っ張った。岡島、島内ら若手野手に助言し、打撃面での成長にもひと役買った。

 「日本に来ると決めた時からアメリカには戻らない覚悟だった」と日本球界に骨をうずめるつもりとジョーンズは語ってたいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月8日のニュース