中畑監督が手術 頸椎ヘルニア 昨春から痛み、しびれ

[ 2014年1月5日 05:30 ]

DeNAの中畑監督

 DeNA・中畑監督が近日中に徳島県内の病院で頸椎(けいつい)ヘルニアの手術を受ける。昨年2月から痛みに悩まされ、左半身がしびれたこともあった。

 昨秋キャンプ初日には白崎に45分間のノックを浴びせたが、2日目以降は首の状態を考慮してノックを自粛。シーズン中はブロック注射を4度打って痛みを緩和してきたが、完治を目指して手術に踏み切ることになった。

 指揮官は「若手の目の色が変わってきたし楽しみ。どんどん鍛えるよ」と術後の春季キャンプを心待ちにしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月5日のニュース