オリックス 勝率を高めるには…平野佳&馬原でW守護神構想

[ 2013年12月31日 09:47 ]

 オリックスが来季、平野佳と馬原のダブルストッパー態勢で臨む可能性が出てきた。る考えがあることを明かした。

 森脇監督は「現時点で7、8、9回を誰に任せるかは決まっていない」と白紙を強調しつつ、今季に抑えを任せた平野佳について「ここで平野を投入すれば、絶対的な流れを手放さない、勝ちで終われる、という予測が立てば、8回を平野でいく」と、出番を前倒しさせ

 「もちろん、馬原の状態がそこ(クローザー)に到達していることが条件」と付け加える。馬原は3月のオープン戦中に右肩付近の炎症で離脱。復帰は9月末までずれ込み、守護神争いをするはずだった構想は崩れた。ただ、通算180セーブを誇る馬原が万全ならば、平野佳をぜいたくに使える必勝法。指揮官は「うちはとにかく勝つ確率を高めていかなければいけない」と、固定観念を捨てて臨むつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月31日のニュース