亀井4割!村田は8発 大竹打ち込んだG打線

[ 2013年12月31日 05:30 ]

入団会見で原監督(左)と笑顔でグータッチをする大竹

 広島時代の大竹は巨人の中でも特に亀井、坂本、長野に対して分が悪く、今季までの通算打率はいずれも3割を大きく上回った。

 横浜時代から対戦した村田に対しては、打率.289ながら、プロで対戦した全打者中最多の8本塁打を喫している。また西武に在籍していた片岡にも、交流戦で通算.381とよく打たれていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月31日のニュース