最大20球団もド軍とヤ軍が一騎打ち マー君争奪戦ゴング 6年104億円の攻防

[ 2013年12月26日 06:30 ]

球団との会談で大リーグ移籍を容認され、報道陣の質問に答える楽天・田中

楽天・田中メジャー移籍容認

 米球界では楽天・田中争奪戦の号砲が鳴り、旧制度で日本選手を獲得したことのある球団のGMは「複数球団と交渉できるので実質はFA。総額1億ドル(約104億円)前後の競争で結局は財力のあるチームが勝つだろう」と昨オフから積極補強を続けるドジャースを本命に挙げた。

 豊富な資金力を誇るヤンキースも筆頭候補で、地元紙ニューヨーク・デーリーニューズは「ヤ軍がクリスマスの大きなプレゼントをもらった」と報じた。米国内ではドジャース、ヤンキースの一騎打ちの様相になるとの見方が大勢を占める。

 揺るぎない高評価の一方で、唯一不安視されているのが体調面。田中を3年間調査してきたあるスカウトは「我々の指標では完全に“酷使”という数値が出ている。どの球団でも最終的に契約するまで、肘や肩を含めた身体検査を徹底的に行うだろう」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年12月26日のニュース