一岡 FA大竹の人的補償で広島移籍「大きなチャンス」

[ 2013年12月26日 05:30 ]

広島が獲得を発表した一岡

 広島は25日、巨人にFA移籍した大竹の人的補償として、一岡竜司投手(22)の獲得を発表した。かつての永川勝ばりの2種類のフォークと、最速150キロを誇る右腕。松田オーナーは「切れのいい速球を投げられるのが一番。若いし、伸びしろがある」と期待した。

 1軍では今季9試合で防御率5.23だったが、2軍では35試合で15セーブ、防御率1.10。32回2/3で42奪三振がキラリと光る。畝投手兼分析コーチは「役割はキャンプで見て決めたい」と語った。

 一岡は「大きなチャンス。通告を受けた際は正直驚いたが、今は来季への思いが強くなった」ときっぱり。入団会見は1月7日に予定される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年12月26日のニュース