関西独立L脱退の兵庫&06ブルズが新リーグ設立

[ 2013年12月20日 05:30 ]

「ベースボール・ファースト・リーグ」設立を発表し、手を重ねる兵庫と06ブルズの関係者

 関西独立リーグを脱退した兵庫と06ブルズが19日、大阪市内で記者会見し、新リーグとして「ベースボール・ファースト・リーグ」の設立を発表した。来年1月中にも発表するという新球団を加えた最低3チームで4月に開幕し、10月まで64試合を実施予定。

 県営、市営球場で原則有料開催し、選手は基本無給。兵庫の高下沢(こうげ・たく)球団代表は「次のステップに羽ばたける選手の育成をサポートできるリーグにしていく」と話した。今季は紀州を含む3球団が所属した関西独立リーグは運営をめぐる意見対立から消滅。紀州は社会人チームでの活動を目指すと表明している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月20日のニュース