青木獲得で外野メド ロイヤルズが有望株ロウ放出

[ 2013年12月20日 05:30 ]

 ロイヤルズは18日、オリオールズとの交換トレードで今季打率・304、8本塁打のダニー・バレンシア内野手(29)を獲得。見返りに若手有望株のデービッド・ロウ外野手(27)を放出した。

 青木の獲得により外野手が強化され、今度は内野手の補強を進めた。チームを去るロウは「青木を獲得したことで覚悟はしていた。彼はこの球場にフィットする」と左中間と右中間が広く、外野の間を抜く長打が出やすい本拠カウフマン・スタジアムの特徴をふまえてエールを送った。この日は他にもロッキーズがインディアンスからメジャー5年で通算127盗塁の外野手スタブスを獲得するなど、トレードが活発に行われた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月20日のニュース