ロッテの大地は国語好き「漢字を覚えて書けると格好いい」

[ 2013年12月20日 05:30 ]

園生小学校の児童にマリーンズ算数ドリルをプレゼントしたロッテ・鈴木

 ロッテの鈴木が千葉市立園生小学校で行われた「マリーンズ算数ドリル」の贈呈式に出席。ドリルにはロッテナインが登場し、野球にちなんだ問題で楽しく勉強できるようにと企画され、11年から千葉市内の全小学校に無償配布している。

 質問攻めにあった鈴木は、小さいころの夢を聞かれ「幼稚園の先生になりたかった」と吐露。また、好きな教科については「国語。知らない漢字を覚えて書けると格好いいと思っていた」と答え、会場の爆笑を誘っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月20日のニュース