鉄平「キャリアハイを」 後藤にはマギー代役を期待

[ 2013年12月20日 05:30 ]

オリックスへのトレードが決まった鉄平は球団事務所を訪れる

 楽天の鉄平外野手(30)とオリックスの後藤光尊内野手(35)の交換トレードが19日、両球団から発表された。日本一連覇に向けて二遊間と三塁を守れる内野手が補強ポイントだった楽天と得点力アップを狙うオリックスの思惑が一致した。

 後藤は1年目の02年に18試合で三塁を守っておりメジャー復帰したマギーの代役としても期待がかかる。

 鉄平は仙台市内の球団事務所で会見し、「ファンの方々に楽天のユニホームを着て恩返しはできないが、(移籍先が)同じパ・リーグなのでまた元気な姿を見せたい」と意気込みを語った。

 中日から移籍4年目だった09年は打率.327で首位打者のタイトルを獲得し球団初のCS進出に大きく貢献。ただ、近年は打撃不振と岡島、島内ら若手外野手の台頭もあって出場機会が激減した。今季も54試合の出場に終わり「今年は日本一の輪の中に加われなかった」と悔やんだ。

 それでも自身3球団目の新天地で復活を狙う。「まだまだ体は動く。うまくはまれば(打撃3部門で)キャリアハイを記録できる」。かつての首位打者はプライドを捨て、糸井、坂口らハイレベルな外野陣に殴り込む。

 ▼後藤 寂しい気持ちもあるがチャンスをいただいた。楽天球団、ファンの期待に応えられるように、新天地で輝きを取り戻せるように頑張る。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月20日のニュース