渡辺俊介、Rソックスとマイナー契約

[ 2013年12月15日 19:04 ]

米大リーグ・レッドソックスとマイナー契約を結び、報道陣の質問に答える渡辺俊介投手

 プロ野球ロッテを自由契約となった渡辺俊介投手(37)が15日、今季米大リーグのワールドシリーズを制したレッドソックスとマイナー契約を結んだことを明らかにした。

 12日に渡米した渡辺はレッドソックスの地元ボストンや傘下マイナー3Aの本拠地ポータケットを視察。契約も済ませて帰国した。来春のメジャーキャンプには招待されないが、オープン戦には4試合に登板できる契約になっているという。右下手投げの渡辺は成田空港で「日本製の潜水艦(サブマリン)の良さをアピールしたい」と抱負を語った。

 渡辺は2001年にロッテに入団し、06、09年にはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選ばれ、2連覇に貢献した。ロッテでの通算成績は87勝82敗、防御率3・65。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年12月15日のニュース