中日・荒木 引退覚悟!「年々現状が落ちてくるから…」

[ 2013年12月15日 05:30 ]

 来季で19年目を迎えるベテランが引退覚悟でオフの自主トレを進める。ナゴヤ球場で森越を相手に約90メートルのキャッチボールを行った荒木は「この時期に投げることはなかったし、ここ10年くらいで一番、肩の状態はいい。野球人生の最後の方だと思うと、体が動くしね」と笑顔で話した。

 新外国人のエルナンデスらと二塁の定位置を争うことになるが「年々、現状が落ちてくる。だから現状維持ではダメ」と肩回りの強化など来季開幕に向け、さらなる進化を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年12月15日のニュース