木内監督「野球は団体競技 個人プレーでミスは叱って」

[ 2013年12月15日 05:30 ]

講演する元常総学院監督の木内幸男氏

 甲子園通算40勝(歴代6位)の名将、常総学院前監督の木内幸男氏(82)が14日、スポニチが大会を後援する、くりくり少年軟式野球連合会の創立25周年記念式典で講演を行った。

 都内で、少年野球の指導者ら約100人に約1時間の熱弁。ダルビッシュ(現レンジャーズ)の東北(宮城)を倒した03年夏の日本一のエピソードなどを交え「木内節」を響かせた。「野球は団体競技。個人プレーでミスしたときは子供たちをしっかり叱ってください」と指導方法にも言及し、指導者たちは熱心に聞き入っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年12月15日のニュース