移籍市場人気は秋信守 外野手必要なのはレンジャーズなど

[ 2013年12月14日 05:30 ]

ヤンキースのイチロー(右)

 外野手が補強ポイントなのは、レンジャーズ、マリナーズ、アストロズ、オリオールズ、パイレーツ、レッズなど。現在の移籍市場で最も人気があるのが、レッズからFAとなった秋信守(チュ・シンス)。

 走攻守そろった左打者で、右打者では通算157本塁打の33歳クルーズ(レンジャーズからFA)が大型契約を狙う。ベテランでは41歳ながら今季29本塁打のイバネス(マリナーズからFA)、通算614盗塁の36歳ピエール(マーリンズからFA)ら。トレード要員にはブルージェイズで今季22本塁打を放った27歳中堅手ラスマスらがいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月14日のニュース