呉昇桓 日本語は「なんでやねん」「ほんまですか」だけ

[ 2013年12月14日 05:30 ]

ユニフォームを着てポーズをとる呉昇桓。背番号は「22」
Photo By スポニチ

 【阪神・呉昇桓に聞く】

 ――今の心境は。

 「大阪に来て、甲子園球場も見て、やっと日本に来たという実感がある。甲子園みたいにお客さんがたくさん入る球場は韓国にない。早くシーズンに入って野球がしたい」

 ――阪神を選んだ決め手は。

 「自分がこの球団に入って抑えとして仕事して、優勝まで十分狙える球団。ファンの熱狂的な応援、人気球団であることも決め手になった」

 ――投球でこだわるところは。

 「一番大事なのは韓国でやってきた通りのことをすること。日本に来たからといって新しいことを探したり、自分を変えたりする必要はない」

 ――覚えた日本語は。

 「なんでやねん。ほんまですか。来日して習ったのはこの2つ。日本語に少しずつ慣れていきたい」

 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月14日のニュース