DeNA 三浦 現状維持も来季から投手コーチ兼任「アドバイスができれば」

[ 2013年12月11日 13:43 ]

選手兼任コーチとして来季に臨むDeNA・三浦

 DeNAの三浦大輔投手(39)が11日、横浜市の球団事務所で契約更改を行い、現状維持の1億8000万円でサインした。

 今月25日で40歳となる三浦は、来季から投手コーチ兼任になる。11月に兼任を打診された三浦は「チーム全体、特に投手陣にアドバイスができれば。まだ夢の途中、もう1回優勝したい」と話した。

 今季は9勝はチーム勝ち頭も、4年ぶりの2桁勝利はならなかった。チーム防御率は12球団ワーストの4・50で投手陣の強化が悲願のクライマックスシリーズ進出への絶対条件。三浦は11月30日、横浜スタジアムでの野球教室の際に「エース候補はもういらない。突き抜けてほしい」と若手の奮起をうながしていた。

 コーチ陣が一新したベイスターズに、大洋以来横浜一筋の右腕が自身の5年ぶり2ケタ勝利と若手育成を目標に23年目のシーズンに臨む。(金額は推定)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月11日のニュース