復帰の谷 激白「オリックスでの2000安打を達成したい」

[ 2013年12月11日 05:30 ]

オリックスが獲得を発表した谷

 帰ってきた男は個人記録より、チームの栄誉を追求する。オリックスは10日、巨人を自由契約となった谷佳知外野手(40、写真)の獲得を発表した。1年契約で年俸3000万円プラス出来高払い。同外野手はスポニチ本紙の取材に応じ、あと79本に迫る通算2000安打達成ではなく、チームの日本一に貢献するための目標を立てた。

 8年ぶりの復帰へ気持ちも新ただった。「2000安打に執着はない。しいて言えば、オリックスでの2000安打を達成したい」。06年まで在籍した古巣では10年間で1406安打。「594安打」のためには、定位置確保が絶対条件となる。DH、外野の一角を奪うため、オフは厳しい自主トレで体を追い込む。近年は戦力層の厚さで出場機会に恵まれなかったが、卓越した打撃技術に衰えはない。壮大な目標に向け、1本でも多く安打を放つことで勝利に貢献し続ける構えだ。

 球団の期待も大きい。横田球団本部長補佐は「チーム最年長になるし、いろんな経験がある。いい影響を及ぼしてくれる」と話す。17年間、優勝から遠ざかっているだけに巨人在籍7年間で5度のリーグ制覇を達成した経験は貴重。谷も「ここで勝たないと、という試合が年に何回かある。そこを勝てるように貢献したい」と話した。

 勝ちの味を知るベテランは「強くなっていくチームだし、日本一を目指してやりたい」と言葉に力を込めた。愛する古巣を常勝軍団とするために、全身全霊をかける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月11日のニュース