嶋 球団最長4年契約!倍増更改、大台突破に「奇跡ですね」

[ 2013年12月8日 05:30 ]

契約更改交渉を終え、記者会見する楽天の嶋基宏捕手

 楽天の嶋が、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、球団最長となる4年契約を結んだ。今季は自己最多の134試合に出場して打率・257で、ベストナインとゴールデングラブ賞を受賞。昨オフに田中が結んだ3年契約を上回る長期契約に「捕手は勝って認められるポジション。凄く充実した1年。(4年契約の)意味も考えて、やっていきたい」と表情を引き締めた。

 来季年俸は倍増の1億2000万円。楽天にドラフトで入団した野手では初の大台突破に「奇跡ですね。誰もが目指す数字」と笑った。球団からは4年の年俸固定制なども提案されたが、固辞して変動制にこだわった。嶋は順調なら来季中に国内FA権を取得するだけに、安部井スカウト部部長は「リーダーとしての能力を評価した。ずっとチームを引っ張ってもらいたい」と異例の長期契約の理由を説明した。

 来年1月には沖縄で、銀次、枡田ら若手野手を率いて自主トレを行う。「これでいいと思った時点で野球人、人間として下降線を下る。もっと尊敬される人間になりたい」とチームの顔としての決意をにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月8日のニュース