銀次 来季目標は首位打者獲り 3800万円増サイン

[ 2013年12月5日 05:30 ]

大幅アップで契約を更改した楽天・銀次

 今季、3番打者として日本一に貢献した楽天の銀次が、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3800万円増の年俸6000万円でサインした。

 「来年はもっとチャンスに強い3番になりたい」。大幅アップを勝ち取った直後の会見で笑顔を振りまいた銀次だが、岩手出身の有名人としても自覚は十分。「今は思い浮かばないけど“じぇじぇじぇ”以外にもはやりそうな言葉を考えておきます」と来季のお立ち台で、岩手の方言などを披露するプランを語った。

 今季は6月下旬から3番に定着。2年連続で規定打席に到達し、打率・317の成績を残した。日本シリーズでも2試合で決勝打をマーク。ご当地選手として人気も高い。来季の目標は「今年獲れなかった首位打者」でライバルにはソフトバンクの長谷川の名前を挙げた。「追い込まれてからファウルを打つのがうまい。自分も練習する」とファウルを打つ技術を上げ、首位打者獲りを宣言していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月5日のニュース