T―岡田 25%ダウンでサイン「何も言えない立場」

[ 2013年12月5日 05:30 ]

大幅ダウンでの更改を終え、来季の復活を誓うT?岡田

 オリックスのT―岡田が契約更改し、1800万円ダウンの年俸5500万円でサイン。

 野球協約に定める年俸減額制限いっぱいの25%ダウンとなった。今季は度重なるけがのため、1軍出場は58試合で本塁打はわずか4本。T―岡田は「何も言えない立場。現実を受け止めて、来季の糧にしたい」と唇をかんだ。

 ただ、巻き返しの決意は固い。秋季キャンプ不参加の原因となった左膝痛は「治っている」と明言し、オフも練習継続予定。「4番を打ちたい」と明かし、本塁打へのこだわりについても「ある」と即答。「李大浩さんが抜けたのは痛いが、ぼくはそこを狙わないといけない。来季への思いは強い」と力強かった。

 契約更改の席で、横田球団本部長補佐は「試合に出ないと給料は上がらん。下がった分は取り返せ、と言っておいた」と奮起を促した。10年本塁打王も、今や確約されたものはない。希望していた李大浩とのサイパン合同自主トレは調整がつかず、神戸市内でオフを過ごす予定だが、「とにか

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月5日のニュース