西武がカブスのボーデン獲得 本人がツイッターで明かす

[ 2013年12月4日 05:30 ]

 西武が今季カブスでプレーしたマイケル・ボーデン投手(27)を獲得することが3日、分かった。

 本人が自身のツイッターで「来年ライオンズでプレーすることを楽しみにしている」と記した。鈴木葉留彦球団本部長も「近日中に合意できれば」と交渉が最終段階に入っていることを明かした。ボーデンは1メートル91の長身から投げ下ろす150キロを超える速球とフォークが武器の右腕。08~12年途中までレッドソックスで松坂、田沢らとともにプレーし、守護神候補となる。メジャー通算6年で103試合に登板、3勝5敗0セーブ、防御率4.51。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年12月4日のニュース