中日 新助っ人遊撃手獲り ドミニカ人のスイッチヒッター

[ 2013年11月23日 05:30 ]

 中日が来季の新助っ人として、今季はメキシカンリーグでプレーしたドミニカ共和国出身のアンダーソン・ヘルナンデス内野手(31)の獲得に動いていることが22日、分かった。

 チームの補強ポイントである遊撃を守れるスイッチヒッターで、メジャーではメッツなどで240試合の出場経験がある。現在、森ヘッドコーチがヘルナンデスも出場しているドミニカのウインターリーグを視察中で、チーム関係者は「今、交渉している段階」と明かした。ブランコ(現DeNA)、ルナなど優良助っ人の獲得には定評のある「中日―ドミニカ」ラインだけに今後の動向に注目だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月23日のニュース