ソフトB 2メートル16腕、キャンプ地に“襲来”

[ 2013年11月12日 06:00 ]

キャッチボールを行ったバンミル

 今年3月のWBCオランダ代表守護神で、ソフトバンクの入団テストを受けるローク・バンミル投手(29=レッズ傘下3A)が、キャンプ地の宮崎入り。

 早速体を動かしたが、チームメートが「デカっ」と目を見開いたのは、2メートル16の長身。10歳までは東京五輪柔道金メダリストのアントン・ヘーシンクの主催する道場で柔道を習った経歴の持ち主。「日本を意識したのはWBCで来日してから。成功するためにきた」と夢もでっかい。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月12日のニュース