×

鉄人秋山監督100球投げ込み「132キロ出ていた」説も

[ 2013年11月11日 06:00 ]

 まさに鉄人だ。ソフトバンクの秋山監督が宮崎秋季キャンプでブルペン入りし、約100球を投げ込んだ。

 「51歳なのに凄いだろう」。その言葉通り、受けたブルペン捕手によると「132キロは出ていた」という。八代高ではエースで、外野手に転向したプロ入り後も遠投120メートルの強肩を誇った。さらにサブマリンの山田久志、サイドスローの小林繁、トルネードの野茂英雄らのものまねまで披露。熱投に続き、フォークを本格習得中の五十嵐にも助言を送る熱血指導ぶりだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2013年11月11日のニュース