浩二前監督があいさつ 今春の台湾戦「熱い試合だった」

[ 2013年11月8日 20:02 ]

開会セレモニーであいさつする山本浩二・前日本代表監督

侍ジャパン強化試合 日本代表―台湾代表

(11月8日 台湾・新荘球場)
 日本代表の山本浩二前監督が試合前に日本野球機構(NPB)を代表してあいさつした。

 今春のWBCで指揮を執った山本氏は2次ラウンドでの台湾戦を「アジアの歴史に残る熱い、熱い試合だった」と述懐。今回の代表は若手中心の構成だが「次代の日本球界を背負う選手ばかり。この3連戦が意義のある試合になるよう願っている」と話し、拍手を浴びた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月8日のニュース