大学の出場11校出そろう 16日から明治神宮野球大会

[ 2013年11月8日 19:50 ]

 第44回明治神宮野球大会(16日から5日間・神宮など)の大学の部に出場する11校が8日、福岡大(九州)を最後に出そろった。組み合わせは既に決まっており、広島がドラフト2位指名したエース九里を擁する亜大(東都)と、前回初優勝の桐蔭横浜大(関東1)は同じブロックで、ともに準々決勝からの登場になる。

 1回戦で中部学院大(愛知・東海・北陸)と関学大(関西2)の初出場校同士が当たる。6月の全日本大学選手権で初優勝した上武大(関東2)は近大工学部(中国・四国)と対戦し、勝者が準々決勝で大商大(関西1)とぶつかる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月8日のニュース