原監督が新たに2年契約 渡辺会長らにシーズン報告

[ 2013年11月8日 16:26 ]

 巨人の原辰徳監督(55)は8日、新たに来季から2年契約を結んだことを明らかにした。今季が2年契約の最終年だった原監督は日本シリーズ出場を決めた後に白石興二郎オーナーから続投要請を受け、受諾する意向を示していた。

 この日、東京都中央区の読売新聞東京本社を訪れ、渡辺恒雄球団会長らにセ・リーグ2連覇を果たしたシーズンの報告を行った。通算11年目となる来季に向けて「2年契約でまた指揮を執らせていただくことになった。与えられた戦力で、いかに強いチームをつくっていくか」と意気込みを語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月8日のニュース