梶谷が球団の顔に!背番号「63」→「3」に

[ 2013年11月8日 06:00 ]

梶谷は背番号63のまま練習

侍ジャパン

 侍ジャパンに初選出された梶谷に朗報が届いた。DeNAでの背番号「63」から「3」への変更が決定。プロ7年目の今季は、77試合出場で打率.346、16本塁打。「トリプルスリー(3割、30本塁打。30盗塁)を狙いたい」と主軸としての自覚も十分だ。

 忘れられない映像がある。サッカー日本代表が初のW杯(フランス大会)出場を決めた97年11月16日のアジア第3代表決定戦・イラン戦。「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれる岡野の決勝弾だ。「何度見ても鳥肌が立つ。日本代表って凄いんだなって」と声を弾ませる。

 台湾でも中心選手としての期待は大きい。「自分はまだまだの選手だし、日の丸のレベルには達していない。でも選んでいただいた以上、貢献したい」。背番号で大出世を果たした梶谷は、初の国際試合で、さらに自分の名を広める。

 ▽DeNAの背番号3 50年球団創設時の初代は、36年に阪神でプロ野球第1号本塁打を放った藤井勇。新チームの4番打者として活躍した。67年には新人の平松が1年間着用、投手の3番は珍しいケースだった。82~93年は高木豊が「スーパーカートリオ」の一員として活躍。その後は古木や種田ら、08年以降は外国人がつけていた。

 ◆梶谷 隆幸(かじたに・たかゆき)1988年(昭63)8月28日、島根県生まれの25歳。開星では1年夏からレギュラーとなり、3年夏に甲子園出場。06年高校生ドラフト3巡目で横浜入団。プロ通算184試合で打率・256、19本塁打、57打点、13盗塁。1メートル80、78キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月8日のニュース