大竹 3度目交渉も結論出ず「総合的に考える」 巨人など3球団が狙う

[ 2013年11月4日 18:25 ]

 広島の大竹が4日、マツダスタジアムで球団と3度目の残留交渉に臨んだが、結論は出なかった。

 前回提示された条件面の確認をした大竹だが、態度は決められず。「球団と僕の考えにほとんど開きはない。しっかりと話ができた。後は総合的に考えていきたい」と大竹。

 球団からは3年総額4億円、単年で年俸1億5000万円の2種類の提示を受けたとみられる。FA移籍の可能性に含みを持たせている大竹には巨人や楽天、ソフトバンクが獲得に動くとみられ、その動向が注目されている。

 広島の鈴木球団本部長は「うちとしての話はついた。あとは彼がどう考えるか」と、後は大竹の決断を待つばかりとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月4日のニュース