楽天ドラ7左腕 早々KO 痛感したイーグルス投手陣との違い

[ 2013年11月4日 16:43 ]

第39回社会人野球日本選手権第8日 七十七銀行0―8行三菱重工神戸8―0

(11月4日 京セラD)
 七十七銀行は0―8の大敗で2年連続の8強入りを逃した。2回途中、5失点で降板した相原は「チームに申し訳ない。こんなに早くマウンドを降りたのは公式戦で初めて」とうなだれた。持ち味の変化球の制球が乱れて痛打された。

 左腕エースは前夜、ドラフト7位指名を受けた楽天の日本一をテレビで見届けた。「楽天の投手はピンチで自分の投げたい球がしっかりと投げられる。すごいと思った」という。だが「きょう、僕にはそれができなかった」と敗戦の責任を背負った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月4日のニュース