立大・黒萩 神宮初登板で6回零封!東京六大学新人戦

[ 2013年11月4日 13:47 ]

<立大・東大>6回無失点の好投を見せた立大・黒萩

東京六大学野球・秋季新人戦1回戦 立大2―0東大

(11月4日 神宮)
 立大が僅差で東大を下した。遊学館出身の1年生左腕・黒萩が6回4安打5奪三振無失点。6月に左肘の遊離軟骨除去手術を受け、神宮初登板だったが堂々の投球を見せた。それでも「先頭打者に四球を出したりしてしまったのはダメ」と反省も忘れなかった。

 1番に座った浦和学院出身の佐藤拓は2安打1打点。今秋リーグ戦で外野手としてベストナインに選出され「チームの中心選手になれるように頑張りたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月4日のニュース