松井秀喜氏が巨人臨時コーチに 来春キャンプで

[ 2013年11月4日 12:03 ]

来春キャンプで巨人の臨時コーチを務める松井秀喜氏

 巨人が来年2月の春季キャンプに同球団出身で米大リーグでも活躍した松井秀喜氏(39)を臨時コーチとして迎えることが4日、分かった。球界関係者によると、要請を受け入れる意向が松井氏側から巨人に伝えられたという。

 松井氏は1993年から2002年まで巨人でプレーし、セ・リーグ最優秀選手(MVP)を3度獲得するなどチームの柱として活躍した。03年に大リーグのヤンキースに移籍し、09年のワールドシリーズで日本選手初のMVPに。レイズでプレーした昨年限りで引退した。

 今年はヤンキース傘下のマイナー、1Aスタテンアイランドと2Aトレントンで練習の補佐役を務めていた。

 巨人は渡辺恒雄会長が7月に「いずれ来てもらうべく、全力を尽くす」と話すなど、松井氏を招くことに熱意を示しており、臨時コーチという形で思いが実現した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月4日のニュース