マー君 160球以上投げ連投は史上初、完投勝利とセーブは6人目

[ 2013年11月4日 07:06 ]

<楽・巨>歓喜の輪をつくる田中(左から2人目)ら楽天ナイン

日本シリーズ第7戦 楽天3―0巨人

(11月3日 Kスタ宮城)
 第6戦で160球を投げた楽天・田中が第7戦でセーブを挙げた。シリーズで1試合160球以上を投げた投手は田中が10人目(13度目)だったが、うち連投したのは田中が初。

 また第2戦で田中は1失点完投勝利。同一シリーズで完投勝利とセーブをマークしたのは94年の巨人・桑田以来19年ぶり6人目となった。なお過去に公式戦無敗(規定回以上)でシリーズに臨んだ81年間柴(日本ハム=15勝0敗)は、巨人戦2試合に先発し0勝2敗でチームも敗退。公式戦無敗でシリーズに登板し日本一を手にしたのは田中が初めて。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月4日のニュース