ダルもマー君連投心配 米球界でも反響「驚きだ」

[ 2013年11月4日 06:00 ]

<楽・巨>日本一を決めガッツポーズをする田中
Photo By スポニチ

日本シリーズ第7戦 楽天3―0巨人

(11月3日 Kスタ宮城)
 レンジャーズのダルビッシュが楽天・田中の体を心配した。自身のツイッターで、ファンから田中の連投について質問されると「間違いなく身体には良くないですね。肩、肘の炎症はまだとれてませんので」。

 前日に160球投げたことには「メジャー各球団のスカウトは冷や冷やでしょうね」とつぶやいた。また、CBSスポーツの看板記者ジョン・ヘイマン氏らも「前日160球投げて、また15球投げるなんて驚きだ」とつぶやくなど、米国でも大きな反響があった。

 ▼元楽天監督・野村克也氏 日本一、おめでとう。球団創設から9年目、そろそろ勝たなければいけない、しかも大震災から2年で、最高のタイミングだった。しかも、マー君(田中)が胴上げ投手になった。この起用は、昔かたぎの星野監督ならではの芸当とも言えるが、良かったんじゃないか。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月4日のニュース