銀次 被災地に届け!日本一 2度のV打で優秀選手賞受賞

[ 2013年11月4日 06:00 ]

<楽・巨>星野監督(左)に抱きつき号泣する銀次

日本シリーズ第7戦 楽天3―0巨人

(11月3日 Kスタ宮城)
 第2、第5戦で2度の決勝打を放った楽天・銀次が優秀選手賞を受賞。「監督を胴上げできて幸せです」と興奮気味に話した。

 この日は無安打だったものの、シリーズ5打点は主砲・ジョーンズと並んでチームトップ。東日本大震災で沿岸部が壊滅的な被害を受けた岩手県普代村出身だけに「これで東北の皆さんに元気や勇気が届いたのかなと思う」と話した。また今年の6月12日には長男・虎次郎くんが誕生。「虎は足が太くて悪そうな顔をしているところが僕に似ている。将来は野球をやってほしい」と家族の存在が、今季の躍進を支えてくれたと明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月4日のニュース