掛布DC “小バース”発見「あれだけ遠くへ飛ばせるのは魅力」

[ 2013年11月4日 06:00 ]

掛布DCは森田のティー打撃を見守る

 阪神の掛布GM付育成&打撃コーディネーター(略称DC)が、安芸秋季キャンプで、左の大砲候補・森田を「小バース」と命名した。

 虎史上最強の助っ人になぞらえた愛称は、期待度の表れ。「あれだけ日本人で遠くへ飛ばせるのは魅力。来年は楽しみだな」。初指導となった前日に左膝の重要性を説くと、この日の特打では129スイング中27本の柵越えを放った。24歳は「大きいのを打つのが最大のアピールになる」と自覚十分だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月4日のニュース