東京ガス・難波 広島・野村直伝カットボールさえた 8強導く

[ 2013年11月4日 06:00 ]

<JR東日本・東京ガス>完封勝利を挙げた東京ガス・難波

スポニチ後援第39回社会人野球日本選手権第7日2回戦 東京ガス4―0JR東日本

(11月3日 京セラドーム)
 <東京ガス>明大出身の2年目右腕・難波が、チームを02年大会以来の8強に導いた。

 都市対抗準優勝のJR東日本打線を4安打完封。三塁さえも踏ませなかった。「JRだからという変な意識はなかった。抑えられるイメージはあった」と胸を張った。明大では広島・野村と同期。大学時代に野村から教わったというカットボールを効果的に使い凡打の山を築いた。「来年はドラフトにかかりたい」と目標を口にした。

 ▼JR東日本・堀井哲也監督(昨年は準優勝も2回戦で敗退)全力でやった結果なので仕方ない。謙虚に受け止める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月4日のニュース