上原 1週間後には練習再開へ「引退するまで満足感はない」

[ 2013年11月4日 06:00 ]

ボストン市内をパレードするレッドソックスの上原(右)、田沢

 レッドソックスの上原浩治投手(38)が2日(日本時間3日)、ボストン市内で行われた6年ぶりの優勝パレードに参加。熱狂的な「コージ」コールに「うれしい」と感激しきりだったが、その一方で「これで野球人生が終わるなら、満喫できるが、引退するまで満足感はない」と、来季へ目を向けた。

 「間隔が空くと駄目」と1週間休んだ後はトレーニングを再開する予定。今季は故障による離脱が一度もなく、ポストシーズンを含めて自己最多の86試合に登板。「キャンプ中と夏場に危ない時期があったが、うまく乗り切れた。自分の中で引き出しができた」と手応えもつかんだ。39歳シーズンとなる来季は開幕から守護神を任される。「まだまだ伸びると思っている。年齢で野球をするわけじゃない」と、さらなる高みを目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月4日のニュース