藤田泣いた 死球→激走→痛み耐えかね交代

[ 2013年11月1日 06:00 ]

<巨・楽>10回2死三塁、打者・ジョーンズのとき、代走を送られた三走・藤田は涙を流しながらベンチに戻る

日本シリーズ 楽天4-2巨人

(10月31日 東京D)
 悔し涙を流しながら、ベンチに下がった。もう動けなかった。試合後、楽天の藤田は車イス姿で東京ドームを後にした。

 「途中交代が悔しかった。それだけです」

 同点とされた直後の10回1死二塁。西村の初球、143キロの直球を左ふくらはぎに受けた。2試合連続、今シリーズ2度目の死球。マウンドの相手をにらみつけた直後、苦痛に倒れ込んだ。いったん、ベンチ裏に下がり治療。再びグラウンドに姿を現すと、左翼席の楽天ファンから「藤田コール」の合唱が起こった。

 続く銀次の適時打で、藤田は痛みをこらえて一塁から三塁まで進塁したが、患部をかばいながらの激走に今度は左太腿裏がつった。それでも、こらえて三塁に踏みとどまった。ゆがむ表情。次打者ジョーンズの1ボール1ストライクとなったところで、見かねた星野監督が交代を告げた。

 この姿に、ナイン全員の熱い思いが結実した。ジョーンズが三遊間への高く弾んだゴロで懸命に走り、一塁を駆け抜ける。遊撃内野安打となった瞬間、頭上で手を叩いた。3試合連続の打点をマークした助っ人は、この日はかつて大リーグで慣れ親しんだ中堅で先発出場。4回に左翼へ移るまでに3つの飛球を捕った。攻守できっちり仕事をこなし「久しぶりで疲れたが、不安はなかった」と振り返った。

 藤田は昨季途中にDeNAからトレードで加入。31歳の中堅は斎藤、松井らベテランと銀次、岡島ら若手のパイプ役でもある。レギュラーシーズン中で札幌遠征中だった10月上旬には銀次ら若手数選手を和食店に誘って、結束を固めた。だからこそ、10回裏の守備に就く前、岡島がベンチで「藤田さんのためにも絶対勝ちましょう!」と大声を張り上げた。

 星野監督も常々「彼の(二塁)守備はシーズン10勝以上の価値がある」と賛辞を惜しまない名手の第6戦以降の出場は厳しい状況。ただ、藤田本人は最後まで出場を諦めない。

 「足は大丈夫です。第6戦、いけます。ほんまです」。藤田がいたからこそ、チームはここまで来た。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月1日のニュース