小久保ジャパン初陣 台湾遠征メンバーに小川、中田、大瀬良ら選出

[ 2013年10月28日 15:00 ]

日本代表入りした広島ドラフト1位の大瀬良大地

 侍ジャパン・小久保監督の初陣となる台湾遠征(11月8~10日、台北)のメンバーが28日に発表され、ヤクルトの小川泰弘投手(23)、24日のドラフト会議で広島に1位指名された大瀬良大地投手(22=九州共立大)ら25選手が選出された。

 プロからは日本ハム・中田翔外野手(24)、西武の浅村栄斗内野手(22)ら若手を中心に選出。アマチュアからは大瀬良のほか、日本ハムドラフト3位の岡大海内野手(22=明大)、高木伴投手(NTT東日本)、岡崎啓介内野手(日立製作所)の4選手が選出された。

 チームは11月7日に台湾へ出発。日本シリーズに出場している巨人と楽天からの選出選手は、シリーズ終了後に発表される。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月28日のニュース