明大 2季連続Vに前進!坂本 走者一掃逆転二塁打

[ 2013年10月21日 18:32 ]

<慶大・明大>8回裏1死満塁(明)坂本が走者一掃となる中越え適時二塁打を放つ

東京六大学野球秋季リーグ第6週 明大4―2慶大

(10月21日 神宮)
 明大が慶大を逆転で下し、勝ち点3で首位に立った。1点を追う8回1死満塁から坂
本誠志郎捕手(2年)が左中間を破る走者一掃の逆転二塁打を放った。2季連続優勝に
向け前進した善波達也監督は「バッテリーが粘ってつながって、捕手が決めてくれた。
次週につながるいい試合ができた」と納得顔だった。
 
 一方、敗れた慶大は、今秋ドラフト候補の白村明弘投手(4年)が痛打を浴びた。
「シュートして中に入った球を打たれた。準備はできていたが…」と肩を落とした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月21日のニュース