16年ぶり「いいとも!」出演の石井一久氏「経営に携わりたい」

[ 2013年10月21日 13:12 ]

「笑っていいとも!」に出演した石井一久氏

 今季限りで西武を引退した石井一久元投手(40)が21日、フジテレビ系「笑っていいとも!」(月~金曜正午)の「テレフォンショッキング」に16年ぶりに出演した。

 青木(ブルワーズ)、菊池(西武)らから贈られた花が飾られたスタジオに登場。「野球は向いてない」「サッカーをやりたかった」「知らないうちにプロ野球選手になっていた。両親は喜んでいたけど、僕はうれしくなかった」など、石井節をさく裂させ、会場は爆笑の渦に。また、将来について「球団のマネジメントをしてみたい」「経営に携わりたい」と語り、吉本興業の契約社員になったのも、その夢実現のために「見識を広めたいから」だという。

 名物コーナーの「X/100アンケート」では「しあさってからハワイに行く人」と質問し、見事「1人」と的中。現役時代さながらの勝負強さを見せていた。

 22日はポルノグラフィティが登場する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月21日のニュース